海外子女教育のご案内

2019/5/14

 近年我が国国民の海外活動の発展はめざましく、世界各地に在住する長期滞在者数も増加の一途を辿っています。これに伴い、義務教育相当年齢の子女数も増加しており、海外子女教育問題は在留邦人にとっての最大の関心事項のひとつとなっていると思います。これに対応して、海外における子女教育に対する需要も高まっており、平成20年現在、世界各地に日本人学校が86校、補習授業校が201校開設されています。
 日本人学校や補習授業校は、海外に在住する父母等が設立、運営している学校であり、我が国の学校教育法の適用外であるものの、教育の機会均等と義務教育 無償の精神に基づき、日本国政府は、昭和42年度に義務教育用教科書の無償配布を開始するなど各種の助成、支援措置を拡充させてきています。
 大使館は、これらの我が国の支援措置について、外務省に対し支援要請を行うことや、外務省を通じて文部省と管轄地域内における補習授業校との間の橋渡しを行い、必要な助言、指導等を行っています。
 当館管内には日本人学校1校が設置されており、邦人の子女の日本語教育等に精力的に取り組んでおります。

ブエノスアイレス日本人学校
設立:1961年
所在地:LA PAMPA 3520, (1430) BUENOS AIRES
TEL / FAX:4554-2460, 4552-1919
ステータス:文部省認定学校(小学校、中学校)
運営団体:アルゼンチン日本文化教育協会

 その他、入学手続き、授業内容や入学金等の経費等詳細は同校に直接お問い合わせ下さい。

 なお、この他にブエノスアイレス市内には日系社会が経営する日・西・英の3カ国語で教育を行うブエノスアイレス日亜学院 (Instituto Privado Argentino Japonés-幼稚園、初等部、中高等部)があります。

 

 

在留邦人子女に対するいじめ相談窓口のご案内

  • 平成25年にいじめ防止対策推進法が施行されたことに伴い、文部科学省では在外を含む各学校へいじめ防止に関する措置をとり、周知しているところではありますが、この度、海外に在留する邦人の子女への教育振興を目的として設置されている公益財団法人海外子女教育振興財団においても「いじめ相談窓口」を開設し、対応することとなりました。  
 
  • いじめ相談窓口連絡先
   公益財団法人 海外子女教育振興財団 事業部 教育相談事業チーム
   電話番号 :+81-3-4330-1352
   電話受付時間 :月~金曜 10時~16時(日本時間)
   メールアドレス:sodanjigyo@joes.or.jp
   メール受付時間:随 時

【参考】
 公益財団法人 海外子女教育振興財団とは
 海外に勤務する邦人の子女および海外勤務を終了し本邦に帰国した邦人の子女の教育の振興を図るため、必要な教育・研修、支援、助言・情報提供・調査等に関する事業を行い、海外勤務生活の安定に寄与し、もってわが国の海外における発展と国際交流の推進に資することを目的とする(昭和46年設立)。
 参考資料はこちらから